あたり‐どし【当(た)り年】 の意味

  1. 農作物の収穫量の特に多い年。「桃の当たり年」
  1. 特によいことが多く、思いどおりになる年。「結婚はする、課長にはなる、全く君の当たり年だ」
  1. [補説]2は、よいことの多くある年について言うのが本来の使い方だが、近年では「台風の当たり年」などと言うこともある。
  • 名詞
  • あたり‐どし【当(た)り年】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・全く今年は盲腸の当り年です。

      宮本百合子「獄中への手紙」