かわかみ〔かはかみ〕【河上】 の意味

  • 名詞

かわかみ〔かはかみ〕【河上】の慣用句

  1. かわかみじょうたろう【河上丈太郎】
    • [1889~1965]政治家。東京の生まれ。第1回普通選挙で日本労農党から衆議院議員に当選。第二次大戦後は日本社会党結成に参加、浅沼稲次郎の暗殺されたあとを受けて委員長。
  1. かわかみてつたろう【河上徹太郎】
    • [1902~1980]評論家。山口の生まれ。小林秀雄・中原中也らと交友、初め音楽論を発表したが、やがて文芸評論に転じ、日本における近代文芸批評開拓の一翼を担った。著「自然と純粋」「日本のアウトサイダー」など。
  1. かわかみはじめ【河上肇】
    • [1879~1946]経済学者・社会思想家。山口の生まれ。京大教授。マルクス(主義)経済学の研究・紹介に努め、大学を追われた。のち、日本共産党に入党、検挙されて入獄。著「資本論入門」「経済学大綱」「貧乏物語」「自叙伝」など。