出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1869~1908]小説家。大阪の生まれ。名は亮 (あきら) 。硯友社同人。反俗的な社会批判を含む観念小説を発表したが、文壇の流れに合わず、自殺。小説「書記官」「観音岩」、随筆「ふところ日記」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉