出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1830~1896]幕末・明治前期の漢学者。備中の人。名は剛 (たけし) 。大橋訥庵 (おおはしとつあん) らに師事。文章家として知られた。著「文海指針」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉