出典:デジタル大辞泉(小学館)

浮き沈みして定めない遊女の身の上。

「憂き節繁き―こそ悲しけれ」〈謡・班女