あ‐たん【亜炭】 の意味

  1. 褐炭の一種で、炭化の程度が低く、発熱量の小さいもの。
  • あ‐たん【亜炭】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 所々には、水増しの時できた小さな壺穴の痕や、またそれがいくつも続いた浅い溝、それから亜炭のかけらだの、枯れた蘆きれだのが、一列にならんでいて、前の水増しの時にどこまで水が上ったかもわかるのでした。

      宮沢賢治「イギリス海岸」