出典:デジタル大辞泉(小学館)

相撲のきまり手の一。片手を相手の首に巻き、巻いた手と同じ側の片足を相手の片足の内側からからめ掛け、後ろへ反り返って倒す技。河津祐泰 (かわづすけやす) がこの手で俣野景久 (またのかげひさ) に勝ったことからこの名がついたともいう。

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉