出典:デジタル大辞泉(小学館)

《古くは「かわつら」》

  1. 川の水面。かわも。「川面にさざ波が立つ」

  1. 川のほとり。かわべ。

    1. 「大いなる―に出でて」〈宇津保・俊蔭〉