出典:デジタル大辞泉

4、5世紀ごろの百済 (くだら) の王子。応神天皇の代に渡来し、皇子菟道稚郎子 (うじのわきいらつこ) に経典を教えたと伝えられる。