出典:デジタル大辞泉(小学館)

漆塗りで、各種の技法や材料を応用した変化に富むもの。主に刀剣の鞘 (さや) の装飾として発達したので鞘塗りともいう。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉