出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かみ」の音変化。「かむ」とも表記する》「かみ(上)」に同じ。

「―つ宮」〈用明紀〉