出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《「願わくはこの経文の功徳をもって」の意》
  1. 代表的な回向文 (えこうもん) の一句。自分の修めた功徳をすべての人に施して、ともに成仏したいと願うもの。がんにしくどく。

  1. 《読経の最後に1を唱えるところから》物事の終わり。結末。転じて、しまった、の意にも用いる。がんにしくどく。

    1. 「はや暮れておどろき、―、空袋かたげて都に帰るを見て」〈浮・永代蔵・四〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉