出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かんかい」とも》スゲで作って長柄 (ながえ) につけ、背後からさしかける大きいかさ。大嘗祭 (だいじょうさい) のとき、悠紀殿 (ゆきでん) 主基殿 (すきでん) へ行幸する天皇の頭上にさしかけるもの。すげがさ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉