出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「荘子」列禦冦から》驪竜 (りりょう) のあごの下にあるという珠玉。手に入れにくい重宝のたとえ。