出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 品物の目方を量ること。明治の初め、生糸の取引の際に、生糸の重量を改めたことからいう。

  1. 看貫秤 (かんかんばかり) 」の略。