出典:デジタル大辞泉(小学館)

environmental hormone》生体内にとりこまれると、ホルモンに似た働きをする化学物質の総称。ダイオキシンPCBDDTなどが挙げられる。特に、生殖機能への影響が問題になっている。正式には「内分泌攪乱 (かくらん) 化学物質」という。