• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かん‐げき【間隙】 の意味

  1. 物と物との、あいだ。空間的・時間的すきま。「人込みの間隙を縫って進む」「ディフェンスの間隙を突かれる」
  1. 人間関係の隔たり。不和。「二人の間に間隙を生じる」
  • 名詞
  • かん‐げき【間隙】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・誰でもが自分の生活を享楽と、総て喜びでありたいと願うだろうが、併しそれは、健康な者が常に健康ではあり得ないように、少しの間隙が生ずれば、直に不安は襲うて来るであろう。

      小川未明「波の如く去来す」

    • ・・・ 避ける間隙も無かった。

      島崎藤村「刺繍」

    • ・・・私は、安易な隙間隙間をねらって、くぐりぬけて歩いて来た。

      太宰治「風の便り」