あっ‐こう〔アク‐〕【悪口】 の意味

  1. [名](スル)人を悪く言うこと。悪態をつくこと。また、その言葉。わるくち。「悪口を浴びせる」→あっく(悪口)
    • 「ゆるりと磔柱 (はりき) にかかって、休まるる体じゃと―し」〈芥川・さまよへる猶太人〉
  • 名詞

あっ‐こう〔アク‐〕【悪口】の慣用句

  1. あっこうぞうごん【悪口雑言】
    • さんざん悪口を言うこと。いろいろののしること。また、その言葉。罵詈(ばり)雑言。
  1. あっこうまつり【悪口祭(り)】