出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良市芝新屋町にある華厳 (けごん) 宗の寺。南都七大寺の一。養老2年(718)、法興寺・元興寺とも呼ばれた飛鳥寺 (あすかでら) を奈良の都に移したもので、新元興寺とも称した。がごじ。がごうじ。→飛鳥寺
奈良市中院町にある真言律宗の寺。院号は極楽院。の学僧の住房であった極楽坊が、庶民の信仰を集め発展したもの。14世紀に、真言兼宗。江戸時代は極楽院、のち元興寺極楽坊と称した。本堂・禅室・五重小塔は国宝。平成10年(1998)「古都奈良の文化財」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。