出典:デジタル大辞泉(小学館)

インドのアッサム地方に多発する地震。インド亜大陸とアジア大陸とが衝突する場所で、ヒマラヤ周辺には、1897年・1950年の地震に代表される巨大地震が多く発生する。特に1950年の地震では、道路・鉄道・建物などが破壊され、地すべりなどの被害も多く、約4000人もの死者があった。

[地学/地球・自然]カテゴリの言葉