かん‐さい【艦載】 の意味

  1. [名](スル)軍艦にのせること。「戦闘機を艦載する」
  • 名詞

かん‐さい【艦載】の慣用句

  1. かんさいき【艦載機】
    • 軍艦に積載される航空機。ふつう航空母艦に搭載するものを艦上機というのに対して、他の軍艦に積む航空機をいう。
  • かん‐さい【艦載】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・とにかく、そんな思いをして故郷にたどりついてみると、故郷はまた艦載機の爆撃で大騒動の最中であった。

      太宰治「十五年間」

    • ・・・ しかし、この本州の北端の町にも、艦載機が飛んで来て、さかんに爆弾を落して行く。

      太宰治「庭」