出典:デジタル大辞泉(小学館)

銭1貫文をつらぬく緡 (さし) 。また、緡につらぬいた1貫文の銭。実際には960文で、1貫文として通用した。