出典:デジタル大辞泉(小学館)

僧が願主の依頼で読誦 (どくじゅ) した経文・陀羅尼 (だらに) などの題目・巻数・度数などを記した文書または目録。木の枝などにつけて願主に送る。神道にもとりいれられ、祈祷師は中臣祓 (なかとみのはらえ) を読んだ度数を記し、願主に送った。かんず。