• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

かん‐しゅだん〔クワン‐〕【慣手段】 の意味

  1. いつもきまってとる手段。きまりきったやり方。慣用手段。
  • かん‐しゅだん〔クワン‐〕【慣手段】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ すなわち東洋諸国専制流の慣手段にして、勝氏のごときも斯る専制治風の時代に在らば、或は同様の奇禍に罹りて新政府の諸臣を警しむるの具に供せられたることもあらんなれども、幸にして明治政府には専制の君主なく、政権は維新功臣の手に在りて、その主・・・

      福沢諭吉「瘠我慢の説」