出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 物の数量、または金銭を数えること。「売上金の勘定が合わない」「人員を勘定する」

  1. 代金を支払うこと。また、その代金。「勘定を済まして店を出る」

  1. 他から受ける作用や、先々生じるかもしれない事態などを、あらかじめ見積もっておくこと。「列車の待ち時間を勘定に入れて行動する」

  1. いろいろ考え合わせて出た結論。「うまくいけばみんなが得をする勘定だ」

  1. 簿記で、資産・負債・資本の増減、収益・費用の発生を記録・計算するために設ける形式。

出典:青空文庫

出典:gooニュース