出典:デジタル大辞泉(小学館)

勧進2のために、または、それを名目に営利目的で興行する相撲。

「―の銀本 (かねもと) 、奉加帳 (ほうがちゃう) の肝入 (きもいり) 」〈浮・永代蔵・三〉

[補説]江戸初期から行われ、のちには木戸銭を取って興行する定期の相撲にもいうようになり、これが現在の大相撲の前身。

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉