出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉時代の仏教書。1巻。日蓮著。文永10年(1273)成立。観心と本尊は妙法蓮華経として具現されているとし、口に南無妙法蓮華経と唱えることで仏果の成就を得ると説く。日蓮五大部の一。如来滅後五五百歳始 (にょらいめつごごごひゃくさいし) 観心本尊抄。本尊抄。観心抄。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉