出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「あつち」は、跳ね回る意の動詞「あつつ」の連用形からか》身もだえし、跳ね回って死ぬこと。

「悶絶躃地 (もんぜつびゃくち) して、遂に―ぞし給ひける」〈平家・六〉