かんぜい‐じしゅけん〔クワンゼイ‐〕【関税自主権】 の意味

  1. 国際法上、独立国がその主権に基づいて自主的に関税制度を定め、運営する権利。