出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. シダ類の胞子嚢 (ほうしのう) 上に、一列または一団をなして輪のように並んでいる細胞。乾燥すると収縮するため胞子嚢が裂け、胞子を放出する。

  1. ミミズ・ヒル類の体の前方にある、他の部分と色を異にして体を取り巻いている帯状の部分。