出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かむづかさ」とも表記》

  1. (神司)神に仕える人。神社の祭事を行う人。神官。かみづかさ。

  1. (神祇官)「じんぎかん(神祇官)1」に同じ。かみづかさ。

  1. (主神)律令制で、大宰府 (だざいふ) 管内の諸祭祀をつかさどる官。正七位下に相当。かみづかさ。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉