出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「あわ(哀)れ」の音変化》

[形動][文][ナリ]驚くほどりっぱであるさま。みごとなさま。「敵ながら―な働き」
[感]
  1. ほめたたえる気持ちを表すときに発する語。すばらしい。みごとである。「―、よくやった」

  1. すっかり感心したり、強く驚いたりしたときに発する語。ああ。

    1. 「―獅子ワ臆病ナモノカナ」〈天草本伊曽保・驢馬と獅子〉

[補説]「天晴れ」は当て字。「遖」は国字。