出典:デジタル大辞泉(小学館)

吸虫の一種。体長2~3センチ、体は平たい楕円形で、前端が円錐形に突出している。虫卵は水中で孵化 (ふか) し、中間宿主のヒメモノアラガイに侵入。成長すると水草に付着し、これを食べた牛・羊・豚・馬などの胆管に至って成虫となる。人間にも寄生し、腹痛・嘔吐や黄疸 (おうだん) などの症状を呈する。

[生物/動物名]カテゴリの言葉