出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かんどう」とも》織物の名。16、7世紀ごろ、中国や南方から渡来した縞 (しま) 織物。また、その模様。名物切 (ぎれ) として珍重された。間道織り。間道縞。かんと。

[補説]「広東」「漢東」「漢渡」「間綯」などとも書く。