出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 親が子との縁を切ること。江戸時代には奉行所に届け出が必要であった。また、主従関係・師弟関係を断つことにもいった。「放蕩息子を―する」

  1. 《法に合わせ勘 (かんが) えて罪に当てる意から》責めてしかること。

    1. 「宮より重く―せられしかば」〈宇津保・国譲上〉

出典:青空文庫