出典:デジタル大辞泉(小学館)

僧が寒の30日間、明け方に山野に出て声高く念仏を唱えること。のちには俗人も寒夜、鉦 (かね) を打ちたたいて念仏を唱え、家々の門前で報謝を請い歩いた。かんねんぶつ。 冬》

「―鬼で目をつく切り回向」〈柳多留・初〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[冬/行事]の季語