出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 物事に対してもつ考え。「時間の観念がない」「固定観念」

  1. あきらめて、状況を受け入れること。覚悟すること。「もうこれまでと観念する」

  1. 哲学で、人間が意識の対象についてもつ、主観的な像。表象。心理学的には、具体的なものがなくても、それについて心に残る印象。

  1. 仏語。真理や仏・浄土などに心を集中して観察し、思念すること。観想。

出典:青空文庫

出典:gooニュース