出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かんぼう」とも》

  1. 仏語。心に仏法の真理を観察し熟考する実践修行法。天台宗十乗観法など。→観 (かん) 

  1. 人相をみる法。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉