かんぼう‐がく〔クワンバウ‐〕【官房学】 の意味

  1. 17~18世紀にかけてドイツ・オーストリアで発展した、富国策を中心とする財政・行政・経済政策などに関する思想体系。カメラリズム。