出典:デジタル大辞泉

ラン科の多年草。日当たりのよい山中の草地などに生え、高さ30~50センチ。茎の中ほどに幅広の大きな葉が数枚互生する。初夏に大きな袋状の花を1個開き、花色は紅紫色のほか淡紅色・白色がある。名は、花の形を平敦盛の背負った母衣 (ほろ) に見立てたもの。 夏》