出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 異類異形のばけもの。おに。

    1. 「其 (その) 霊魂―となりて我輩の終生を苦しめん」〈織田訳・花柳春話

  1. 死者の霊魂。

    1. 「いかなる賤しき者までも、死しては霊 (りゃう) となり―となりて」〈太平記・三四〉

  1. 二十八宿の一。南方の第二宿。蟹 (かに) 座の中心部にある四星をさす。たまおのほし。たまほめぼし。鬼宿。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉