出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 純粋でまじりけのないこと。また、そのもの。「灘 (なだ) の生一本」

  1. 純真で、ひたむきに一つの事に打ち込んでいくこと。また、そのさま。「生一本な性格」

出典:青空文庫