出典:デジタル大辞泉(小学館)

連句で、前句の季よりも早い季の付句 (つけく) をすること。例えば、晩秋の句に初秋で付けるなど。落ち着かないので、よくないとされる。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉