出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Jetavana-vihāraの訳》須達 (しゅだつ) 長者が、中インドの舎衛城 (しゃえじょう) の南にある祇陀 (ぎだ) 太子の林苑を買い取り、釈迦とその教団のために建てた僧坊。祇陀林寺。