出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、京都の祇園社門前の二軒茶屋が売り出した田楽 (でんがく) 豆腐。平たく切った豆腐を串にさして両面を焼き、味噌たれを塗って上に麩粉 (ふこ) などを振ったもの。現在は木の芽田楽をいう。