出典:デジタル大辞泉(小学館)

浄瑠璃時代物。五段。若竹笛躬 (わかたけふえみ) ・中邑阿契 (なかむらあけい) の合作。宝暦10年(1760)大坂豊竹座初演。三十三間堂の縁起や平家物語などを脚色したもの。特に三段目が「三十三間堂棟由来 (さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい) 」の外題でよく上演される。