出典:デジタル大辞泉(小学館)

精神にも物体にも独自の作用因を認めず、それを神だけに帰する説。心身間に直接の相互作用を否定し、唯一真なる原因である神が精神あるいは身体の一方を機会原因として他方に働きかけるとする。ゲーリンクスマルブランシュらが唱えた。偶因論。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉