きかい‐ぶんめい【機械文明】 の意味

  1. 産業革命以後、手工業生産に代わって機械による大量生産が行われるようになった近代資本主義社会の文明の一側面をいう。
  • 名詞