き‐がけ【生掛(け)】 の意味

  1. こよりに灯心をまいて芯 (しん) とし、上に油で練った蝋を数回塗って乾かした蝋燭 (ろうそく) 。
  • 名詞