きか‐こうり【幾何公理】 の意味

  1. 数学全般の共通公理に対し、幾何学そのものについての公理をいう。
  • 名詞