出典:デジタル大辞泉(小学館)

数学全般の共通公理に対し、幾何学そのものについての公理をいう。